IMG_2089.jpg
5139wtYuRML._SX348_BO1,204,203,200_.jpg

セイバーメトリクスの落とし穴~マネー・ボールを超える野球論~

2019年3月13日

処女作にしてベストセラー


統計を基に選手やチームを評価するセイバーメトリクスは、もはや野球界の常識となった。だが、マネーボールでそのさきがけとなったオークランド・アスレチックスは以後、一度もワールドシリーズへ進出できていない。データ分析が当たり前となった今、世界のトップたちはどのように周りと差をつけているのか? ダルビッシュ有選手を筆頭に多くのプロや専門家から支持を集める独学の素人が、球界の最先端トレンドを明らかにする。

2020年3月9日

“ピッチングデザイナー”を自認し、ダルビッシュ有投手、千賀滉大投手ら、現役プロ野球選手から絶大な支持を集めるお股ニキ。
データ分析や鋭い視点、感性に基づいて新しい野球の見方を提供する彼が、MLB・NPBの一流投手を分析し、「勝てる投手」の真髄に迫る。
現役選手のための技術指導書にして、全野球ファン必読の革命的投手論!

51gim3vL4kL.jpg

なぜ日本人メジャーリーガーにはパ出身者が多いのか

2019年11月28日

ネットアシスタントを採用し​1ヶ月で書き上げた。

昔から“人気のセ、実力のパ”といわれているプロ野球。オールスターゲームの通算成績は、パ85勝、セ79勝。セパ交流戦は過去15回で、パが12回優勝。日本シリーズはここ10年、パが7年連続9回日本一。メジャーで活躍する選手はほとんどパ出身者…。なぜ、こんなにもセパの格差ができてしまったのだろうか?こうした日本のプロ野球に厳然と存在するセパの格差について、ダルビッシュ有投手に魔球「お股ツーシーム」を教えたことで大評判を呼び、著書『セイバーメトリクスの落とし穴 マネー・ボールを超える野球論』(光文社新書)がベストセラーとなった著者が、データと独自の視点で分析・評論する。

表紙.jpg

データ全分析 ダルビッシュ最強投手論

2020年5月19日

プロ野球のプレーや采配についてのツイッター発信がきっかけで、ダルビッシュ有投手と知り合いになり、「お股ツーシーム」を教えたことで一躍脚光を浴びた著者。その後、『セイバーメトリクスの落とし穴』などベストセラーも著しています。本書は、ダルビッシュからピッチングに関してアドバイスを求められるほどのお股ニキ氏が、ダルビッシュのすべてをデータで徹底解剖し、歯に衣着せない、お股流の視点で評論・分析します。